Interview

Interview08

2015年入社

研究開発部

Y・O

自身が配合を組み立てたチョコレートが商品として販売されたときの感動が言葉で表現できません。

私は、大学で食品科学を専攻しており、就職活動も食品企業の研究開発職を中心に行っていました。
大東カカオは、大好きなチョコレートの会社で、お菓子だけではなくアイスやパンなど様々な商品に合わせた商品開発が行えると感じて入社を決めました。

クライアントから依頼されたチョコレートを試作するのが主な仕事ですが、他にもチョコレート油脂の分析、新規原材料の検討など様々な仕事をしています。
特に私のいるチームは、分析や製品化の検討案件も多く扱っており、チョコレート試作と両立が大変なときもありますが、多くの経験が積めるので充実した日々を送られていると感じています。

会社に入って感じたのは、人と人との繋がりの大切さです。
一人でできることは限られています。同じ部署の先輩や上司はもちろん、他部署の方とも繋がりを意識しながら働くことでモチベーションを維持できるだけでなく、会社内での自分の役割を意識でき、より良い社会人生活を送れると思います。

仕事をしていて一番嬉しかったのは、自分で配合を組み立てて試作したチョコレートが商品として採用されたときです。
商品が店頭に並んでいるのを見たときの感動は、言葉では表現できません。
おいしいと言っていただけるようなチョコレートを目指し、日々頑張っています。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は大変ですが、働くことは楽しいです。
志望度の高い会社だけに捕われず、自分を必要としてくれる会社を見つけられるように頑張ってください。
悔いのない就職活動を行えるように祈っています。