Empowering women in our society

女性活躍推進法にかかる一般事業主行動計画

女性活躍推進法にかかる行動計画につき、2021年1月から2024年3月までの行動計画を策定しましたので、管轄労働局に提出し、社内外に周知いたします。
【行動計画】女性が活躍する環境を整える事で企業価値を高め、人手不足・労働力不足の解消を目指したダイバーシティ(人材の多様化)を推進するため、次のように行動計画を定めます。

1.計画期間

2021年1月1日から2024年3月31日まで(3年3か月間)

2.内容

【目標1】係長職・班長職へ意識調査(1回)を行い、対策を講じる。

<対策>

  • 意識調査アンケートを係長職・班長職に実施する。
  • アンケート結果から必要な対策を検討し、実施する。

【目標2】2020年度から2022年度において、男性の育児休業取得率を70%以上とする。

2023年度から男性の育児休業取得を義務化する。(100%)

<対策>

  • 上長・対象者に呼びかけ、男性の育児休業の取得を促す等を講じる。

3.有給休暇取得率70%以上とする。(全社平均、毎年度)

  • 有給休暇取得の促進活動を実施する。(時間単位の取得を可能とする等)