Philosophy

日本で唯一のチョコレート原料専業メーカーとして、食文化の創造と発展をめざします。

当社は、1924年(大正13年)の創業以来、チョコレート原材料を中心とした製菓材料を製造・販売して参りました。
カカオ豆からチョコレートまでの国内一貫生産により、安全・安心はもとより、さまざまな産地のカカオ豆の風味を生かした、多種多様なチョコレートを「おいしさ」と共してご提供することが当社の使命と考えております。
永年に亘り培ってきたチョコレートの製造技術に磨きをかけつつ、親会社日清オイリオグループ株式会社の加工油脂技術とのシナジー効果により、より一層幅広い製品をご提供し、皆様のご期待にお応えいたします。
今後とも、伝統と最新技術に基づいたチョコレート原料を提供し、食文化の発展に少しでもお役に立てるよう、弛まぬ努力を続けて参ります。

大東カカオ株式会社
代表取締役社長 竹内 成行

経営理念

日本のカカオの歴史を創り続けてきた「大東カカオ」。
お客様のハイレベルなニーズに応えながら、自然環境との共生を追求する未来指向の企業として、これからも経営理念QCOMを基に皆様の食と健康に貢献してまいります。

QUALITY

優れた製品を安定供給する

CUSTOMER SATISFACTION

顧客満足を常に追求(期待以上・他社以上の顧客満足の創造と提供)する

ONLYONE

オンリーワン企業を目指す

MANUFACTURE TECHNOLOGY

企業として高度の製造技術力を有して顧客から高い信頼と満足を獲得する

品質方針

大東カカオは品質方針を以下の通りに定め、お客様にご満足頂ける商品を提供し続けます。

  • 私達は、お客様の立場に立ち、自信と誇りをもって誠実に行動し、お客様にご満足頂けるような品質の実現を目指します。
  • 企画、研究開発、原料調達、製造、販売等、全ての業務において、一人一人が責任を持ち、安全で安心な商品をお客様にお届けできるよう、日々努力します。
  • 品質と製法にこだわりを持つチョコレート原料メーカーとして、伝統と最新技術に基づいた製品づくりを行います。
  • お客様に新しい価値をお届けするパイオニアとして、常に「チョコレート」に関わる可能性を追求します。