Support the Development of
the Next Generation

次世代育成支援対策推進法にかかる行動計画

次世代育成支援対策推進法にかかる行動計画につき、2020年4月から2023年3月までの行動計画を策定しましたので、管轄労働局に提出し、社内外に周知いたします。
【行動計画】社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を定めます。

1.計画期間

2020年4月1日から2023年3月31日まで(3年間)

2.内容

【目標1】働きやすい職場実現に向けた諸施策の実行

<対策>

  • 2020年 4月から引き続き長時間残業勤務者の所属長と人事総務グループリーダーとの定期面談を実施する。
  • 2020年4月以降、前年同様にストレスチェックのフィードバックと研修を企画・実施し、職場改善、ストレスの軽減を図る。
  • 保健師・カウンセラーの設置を検討する。
  • 子の看護休暇の適用範囲を拡大する。
    (現)小学校就学の始期に達するまで⇒適用範囲拡大を検討する。
  • 在宅勤務制度の拡充を検討する。(育児・介護、それ以外)
  • 有給休暇を取得し易い環境を更に整備する。

【目標2】男性の育児休業取得を推進する活動を実施

<対策>

  • 育児休業の概要と、男性の育児休業取得推奨に向けた周知を継続実施する。
  • 2020年10月から2021年3月までに、第一次周知を実施する。(前行動計画から継続推進)
  • 2021年4月から2023年3月までに、毎年周知を実施する。

3.過去の行動計画

  • リフレッシュ休暇制度の導入
  • 在宅勤務制度の導入(目的:育児・介護)
  • 所定外労働時間削減活動
  • 育児休業取得期間を最長1年半から2年へ変更(法改正前に実施)
  • 配偶者が出産する際の特別休暇の有給化を実施
  • 有給休暇取得アップの為、連続取得推奨の活動を実施

「くるみん認定」は、次世代育成支援対策推進法に基づき、労働者の仕事と子育ての両立を目指す一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が、厚生労働大臣より子育てサポート企業として認定を受けることができるものです。今後も、社員一人ひとりが安心して働くことができる職場環境の整備を継続して進めていきます。