Interview

Interview04

2008年入社

営業三課 課長代理

Y・S

チーム一丸となって歓びを分かち合える環境の良い会社です。

私の所属する課は、主に繁盛洋菓子店、パン屋などを中心に、クライアント先と綿密な打合せを行ない、チョコレート原料製品の受注や社内の各部署と連携した開発製品の提案などの営業を担当しています。
営業は、直接顧客と接してニーズを吸い上げ、社内各署のスタッフと一緒に製品をつくり上げて提案する仕事ですので、いわば会社のスタッフを代表して先頭に立つ仕事でもあります。
その分、自分たちが提案した物が顧客によって発売され、売れ行き良好で喜んでもらえたり、
顧客の要望や疑問、問題点を一緒に解決し応えられたり、信頼してもらい頼られたりと、さまざまな歓びを直に感じられる仕事でもあります。

私自身、もともとは一般市場に出る商品を作る製菓メーカーで働いていましたが、お菓子ができる流れの川上の分野に興味があり、会社で大東カカオの製品を使用していたこともあって、もっと製品のことを知りたいと転職したわけですが、この分野でこれまでの経験も活かしながらとても勉強になりましたし、チーム一丸となって歓びを分かち合える環境の良い会社だと感じています。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

取引先は様々ですが、チームは個人の意見やアイデアも言える雰囲気で、目的意識を持って仕事が出来ます。
原料メーカーなので、相場や市場マーケットの動向など、いろんな側面から学ぶことができると思います。
営業は、人と人との信頼関係づくりが大切であり、重要なことはレスポンスと笑顔です。
みなさんも笑顔を大切に就職活動に取り組んでくださいね。