Interview

Interview03

2013年入社

営業一課

S・O

当社の品質保証部、研究開発部、工場など社内の様々な部署と連携して「人を喜ばせるためのチョコレートをつくる」

私は大学時代に油脂の研究室に所属していて、私自身が甘いものが大好きでしたし、「嗜好品であるチョコレートは人を喜ばせるためにある」という考えに強く惹かれて入社を志望しました。

営業一課という部署に所属していますが、菓子やパンのメーカーの会社を主に担当しており、お客さまに製品使用のサポートをするために、先方と開発や商談を行い「どんな商品を作っていくか」「それに合うチョコレートはどんなものか」など、お客さまと接するだけでなく品質保証部や研究開発部、工場など社内の様々な部署と連携して業務を行っています。
多くの人と話をすることが多い仕事ですので、全てに対して正直で真摯でいること、相手を尊重することや、仕事を後回しにしないことなど、忙しくなるほどないがしろにしてしまいがちなので、常に心掛けて取り組んでいます。

その結果、多くの関係者との調整やお客さまとの商談を重ねた商品が、実際に店頭に並んでいるのを見たり、ネットで美味しいとのコメントを読んだ時、売り上げが伸びているのを確認している時はやりがいとともに達成感を味わえてとても嬉しくなります。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

私自身もそうでしたが、就職活動は非常に大変だと思います。
あなたの長所を活かすことのできる場が見つけられるように頑張ってください。